血圧を測定する男性アダラートはカルシウム拮抗薬と呼ばれる種類の薬です。
古くから高血圧症の治療薬として広く使用されていました。
昔はアダラートカプセルという商品が使用されていましたが、これは1日3回の服用が必要となります。
高血圧症の治療では長期間継続的に服用することが必要となるので、この製剤ではノンコンプライアンス(飲み忘れ等)の問題が起こりやすく、期待した治療効果が得られない場合が多々ありました。
そこでアダラートの改良が行われ、徐放性製剤が開発されました。
アダラートL錠は1日2回の服用で済むようになり患者の負担は軽減されました。
そしてさらにアダラートCR錠が開発され、これは1日1回の服用で済むようになりました。

アダラートなどのカルシウム拮抗薬は血管平滑筋に存在するカルシウムチャネルを阻害することによって血管を拡張させ、血圧を下げる効果があり、高血圧症の治療に用いられてきましたが、その他にも冠動脈の平滑筋にも同様に作用して冠動脈を拡張させます。
こういった作用があることから、狭心症や心筋梗塞の予防のために使用されることがあります。
高血圧症に用いられる場合にはアダラートCR錠では1回20~40mgを1日1回服用することとされていますが、狭心症の治療に用いる場合には1回40mgを1日1回服用することとされています。
よって高血圧症よりも用量の設定が若干多めになっているのが特徴です。

アダラートの副作用は頭痛、顔面紅潮、めまいなどが主に起こりやすいです。
またCYP3A4によって代謝を受けるため他の薬剤との飲み合わせが問題となることがあります。
服用する場合にはかかりつけ医の指導の下に服用するようにしましょう。

関連トピックス